2020年度「未来のトビラ奨学金」の採用者が決定

 2019年7月16日~9月13日にかけて行った「未来のトビラ奨学金」2020年度生の募集に対して、児童養護施設5施設より8名、養育里親2家庭より2名のご応募があり、同年9月30日の選考会にて第4期の内定採用者4名を決定しました。本年2月に内定採用者全てが進学先が確定した時点で面談を行い本採用としております。本制度は進学志望校の合否前に申請可能な予約採用型の給付奨学金であり、長崎県内に在住する社会的養護児童が対象です。

 現在、第1期生3名(大学3名)と第2期生3名(大学3名)、第3期生5名(大学3名、専門2名)の既存奨学生に、新たに第4期生4名(大学1名、短大1名、専門2名)を加えた合計15名が在学中です。また本制度発足から卒業した学生は2名となり、それぞれが独立した社会人として新生活をスタートしています。


「未来のトビラ奨学金(旧児童養護施設枠制度) 」第4期生募集要項はこちら
*2020年度の募集は終了、2021年度生の募集は今夏7月開始予定

Other info

ページの先頭へ戻る