「ジュニアオーケストラながさき」ヴァイオリンセミナーとコンサートを開催

 去る2018年9月16・17日に「ジュニアオーケストラながさき」がヴァイオリンセミナーを松藤プラザ「えきまえ」いきいきひろばにて開催しました。
 講師に招かれたのはソロ・室内楽を中心に世界的に活躍され、ストラディバリウス奏者であった経験も持つ瀬崎明日香氏。両日共に公開レッスンだったこともあり多くの聴講生の注目が集まる中、受講した小学3年生~高校3年生の若き奏者たちは、本物の音楽家が奏でる響きと指導を全身で感じる大変貴重な機会となりました。

 続き10月8日にはとぎつカナリーホールでコンサートを開催し、賛助出演された長崎南高校吹奏楽部と時津東小学校合唱団の協力を受けて、西郷光昭団長の指揮の下5曲のプログラムを好演。瀬﨑明日香さんもハイドン「ヴァイオリン協奏曲第1番ハ長調」とサラサーテ「カルメン幻想曲」にソリストとして出演され、聴衆だけでなく共演した子供たちも大いに刺激を受けました。



 ジュニアオーケストラながさきは2005年の結成から、音楽を通して大勢の子供達の豊かな感性を育んできました。当財団もその活動に注目しこの度助成を行っています。

 

西郷光昭氏
ジュニアオーケストラながさき 団長

 カルメン幻想曲(サラサーテ作曲)の瀬崎明日香氏のヴァイオリンの音を初めて聴いた瞬間の子どもたちの驚きの顔が今も目に浮かびます。本物の音を身近に聴くことは何よりも心に響くものと思いました。
 公開レッスンにおいては、子どもたちのレベルはかなり幅がありましたが、世界的なヴァイオリニスト瀬崎氏は個に応じて丁寧に、少しの時間も惜しんで、教えてくださいました。公開レッスンでしたので、基本的なボーイング、指使いなど基礎的なテクニックを受講生全員で確認することができました。レッスンしながら模範演奏をしてくださいますので、そのテクニックのすごさと音楽性に親子ともども魅せられていました。
 コンサートでは、ジュニアオーケストラながさきの27人の子どもたちが共演しました。ヴァイオリン協奏曲第1番(ハイドン作曲)での音の美しさ、カルメン幻想曲(サラサーテ作曲)での激しく自由な魅力的な音に子どもたちは衝撃的な体験をすることができました。共演した子どもたちにとっては一生残る得難い経験でありましょうし、後に続く長崎の音楽をめざす子どもたちにとっては、貴重な指針になることと思います。
 このような貴重な機会を設けることについて御助成いただき、深く感謝申し上げます。

 

深堀櫻子さん
学生音コン バイオリン部門 小学校の部 北九州大会 2位(2018)

 ジュニアオーケストラながさきでは瀬﨑明日香さんを迎えて、公開レッスンと定期演奏会を行いました。この経験は私にとってとても素晴らしいものとなりました。
 公開レッスンでは、私は個人レッスンをしていただきました。レッスン曲がコンクールの課題曲だと伝えると、瀬﨑さんはそれに合わせたレッスンをしてくださいました。分かりやすく、丁寧に、そして熱心に教えてくださいました。そのおかげでコンクールの結果は、目標を達成することができました。
 定期演奏会では、ソリストで弾いてくださいました。合わせの練習の時にはアンサンブルについて教えていただきました。演奏もとても素晴らしく、瀬﨑さんの演奏を間近で聴くことができ、たくさん学ぶことができました。
 私の将来の夢はヴァイオリニストです。このような貴重な経験ができてとてもうれしいかったです。これからもたくさん学びたいです。



 深堀櫻子さんは小学5年生ながら卓越したバイオリン奏者で、先の全日本学生音楽コンクール 北九州大会では小学校の部を2位で突破し、12月に横浜で開催される全国大会への切符を手にされています。来年1月には北九州市立響ホールで大会受賞者による演奏会への出演も決定しており、これからの更なる飛躍が期待されています。

第72回全日本学生音楽コンクール全国大会 in 横浜 バイオリン部門 小学校の部
【開催日】12月2日(日)
【会場】横浜みなとみらいホール小ホール

全日本学生音楽コンクール 北九州大会受賞記念演奏会
【開催日】2019年1月6日(日)
【会場】北九州市立響ホール

Other info

ページの先頭へ戻る